東屋Blog

主に自作PC、スロット、株式投資メインでのんびりとやっております。
FX始めました。別ブログです、リンクからどうぞ。

TOKAIの優待にLIBMO復活!

TOKAIホールディングスの株主優待でゲットした格安SIM(参考記事1参考記事2)もあと半年を切ってきたので、そろそろ対策を練らねばいかんと思っていたところ。なんと、LIBMOの優待が復活してるじゃないですか!。

さすがに前のような大盤振る舞いではなく、普通の優待と同じで持ち株によって内容が良くなっていくタイプに変更されています。これはこれで優待自体が長く続くと思うので歓迎です。

優待内容は、6カ月間の月額割引です。
100〜299株 350円/月 割引
300〜4,999株 850円/月 割引
5,000株以上 1,880/月 割引

3/22の終値は871円なので最低の100株で87,100円と言うことになります。

まぁ、単純に言うと10万円コース、30万円コース、450万円コースの3つで、月当たり350円割引、850円割引、1,880円割引、てなかんじです。ちなみにTOKAIの優待はLIBMO以外に天然水とかQUOカードも選べるので、そっち狙いで株主になるのもありです。ただし、選択式なので同時に貰うことはできません、どれか一つと言うことになります。

それでは、LIBMOのどんなSIMが使えるのかを見てみると。

10万円コースでは、データ通信のみのライトプラン(高速通信無し200Kbps)が月額480円、350円の割引で月額130円で使えることになります。とりあえず通信できる生きてるSIMがほしい、とかサブのスマホに使うとかなら、これで十分ではないでしょうか。

30万円コースでは、データ通信のみの3GBプランが月額880円、850円の割引で月額30円となります。ゼロ円とはなりませんが、ここまで安くなれば問題ないでしょう、もうちょっと払ってSMSをつけちゃうとか、SMS付きのライトプラン月額620円で月額0円にしちゃうのもありかも。

450万円コースは、前回の優待と同じ内容なので、今のまま継続したい場合は450万円分株買えやオラーってことなんでしょう。逆に言えば前回の優待は450万円分だったんですよ、お得だったでしょ、ってことですね。

そんで、私はどうするかと言うと、通話SIM持っていてもほとんど通話しないので、10万円コースか30万円コース、データ通信3GBもいらないし、ってことで10万円コース、100株すでに仕込んであります。ライトプランが遅くて厳しいとなったら途中でプラン変更も出来るし、半年後次の優待で300株にすれば良いので、ひとまずは100株で様子見ってところです。

ネットフリックスが、ちょくちょくエラーになるんですけど。

全然やる気が起きなくて、久々の更新です。

確定申告に行ってきました。税務署についたらめっちゃ行列出来てた。うわ〜時間かかるのかな、今まではこんなに混んでなかったと思ったのに、とか考えつつウロウロしてたら。提出はこちらの看板発見、全然混んでなくて無事提出。おそらく並んでるのは相談か申告書作成の人かな。

年一のイベントが終了して、一安心。

で、本題のネットフリックスなんだが、ブラウザで開くとサイトエラーだかの表示が出て開けない。さらに、疑わしいログインが検出とかで、パスワードがリセットされてたり。一旦正常に戻ったのだが、再びおかしくなった。

ブラウザで開けない問題は、Windowsストアからネットフリックスのアプリをダウンロード、アプリからだと問題なくログインできる。ただし、アカウント情報とかはブラウザ経由になるのでサイトエラーで開けない。

パソコンからはブラウザ変えてもサイトエラーになるので、パスワードの再設定はWifiを切ってスマホのブラウザから再設定しました。

なんだろうか、おま環なのか、ネットフリックス側の問題なのか、とりあえずはアプリから使えてるから良いんだけど。

SMBSync2がエラーで同期できなくなった!。

ちょっと前からSMBSync2で同期しようとするとエラーになって同期できなくなった。仕方ないのでしばらくUSB接続でコピーしていたが、原因らしきものがわかり、とりあえずの対応策を講じて復旧した。

現象としては、同期開始から同期先のパソコンに接続できずに終了してしまう。履歴を見ると「Failed to connect パソコンの名前 <20>/172.18.18.209」と表示されている。

このIPアドレスは、宅内LANのアドレスでは無く、当然モデムに割り当てられたグローバルアドレスでもない。実は、一般的な192.168.0.0のローカルIPと同じく、ローカルIPで使うアドレスなので、なんらかの要因で割り当てられたか、違うものを参照しているのかもと、モデムやらパソコンやらの設定をいろいろ調べてみた。久しぶりにipconfigやらnbtstatやら打ちこんだよ。

わかったのは、Windows10のネットワーク設定に、いつの間にか vEthernet(Default Switch) なるものが追加されていて、こいつのIPアドレスが 172.18.x.xになっていた。

ちょっと調べて見たら、Hyper-V(仮想マシン)ように割り当てられていて仮想マシンはこのvEthernet経由でネットにアクセスするらしい。削除する方法もあったんだが、仮想マシンは詳しくないし、使ったことないコマンド打てとか、消したのに復活するとか書いてあったり、よくわかりません。

なので、単純にSMBSync2の設定を変更しました。パソコン名での指定をやめて、宅内LANのIPアドレスを直接指定しました。メインPCはMACアドレス設定してDHCPで毎回固定のIPアドレスが割り当てられるようにしているので、多分大丈夫でしょ。

見た目かっこ悪いけどしょうがない。

例のグラボ、買っちゃった。

せっかく買ったRX570、いろいろ頑張ってみたものの、マルチディスプレイができない。内蔵GPUを無効にすれば普通に使えるけど、メインPCはマルチディスプレイで使いたいから、マルチディスプレイが出来ないなら、映像端子無しのでもよかったかな・・・でも一緒に売っていたのは4GBだったからなぁ4GBだと、マイニングが厳しい場合があるらしいからねぇ。
※1/31追記、例のグラボを色々調べていたら、実は一緒に売っていたのは、例のグラボだったようだ、映像出力が無いので、良く見てなくて完全に勘違いしていたようです。

とか考えつつ、ネットでいろいろ調べていたら。RX470で8GBの映像端子無しのマイニング専用モデルが、5,980円(税抜)で売ってたらしいじゃん。しかも、映像端子は無いのではなくブラケットを止めるためにブラケットの裏に隠れていて、さらにあんなことやこんなことをして、無理やり映像出力までしちゃうという。「例のグラボ」として噂になっていると。

そして、なんとarkで売っていると、価格も同じ5,980円(6.458円(税込))だと、ってことで買ってきました。



このグラボは、Sapphire RX470 8GB Mining Edition とかMining QUAD UEFI とかいろいろ書かれているんだが、マイニング専用モデルで一般販売されているものではないのでHPを見ても載っていない。いろいろ調べて、QUAD UEFI というのは、4つのVBIOSをディップスイッチで切り替えて使えるということらしい。
RX470_DipSwitch

赤丸の中にディップスイッチが2つ見えています。調べた限りでは、画像通りに見て
左左(○− ○−)Max Performance (Default)
右右(−○ −○)Efficiency(省電力)
右左(−○ ○−)backup
右左(○− −○)backup


買ってきたとき(画像)は右左(−○ ○−)になっていました。マイニング用にカスタムしてあるのか、まだ未使用でこれから書き込むのかわかりませんが、Defaultの左左で動作確認(動画)をしています。

メインPCのマザボはクロスファイア対応なので、RX570とRX470でクロスファイアができるかもしれませんし、マイニング用なのでVBIOSを書き換えないとダメかもしれません。しかし2枚のグラボだとケースが古いので冬の間は良いけど、暖かくなってくるときついだろうし。サブPCと入れ替えるとかだと、作業が大変すぎる。

どっちにしても、古いパーツばかりなので、ひとまず安売りしているマイニング用マザーH110 Pro BTC+を通販で買って、今日届きました。メモリとCPUも買わないと動作確認できないのですが、1,500円+送料で2,200円位だったので、そのときはそのときでまた考えます。

では、また。

新しいグラボにしたら、画面真っ黒で起動しない!。

あけましておめでとうございます。

って、もう15日だけど、今年初の更新は、秋葉原に行って、グラフィックボード(以下グラボ)を買ってきたよっていう話。

仮想通貨バブルでマイニングブームになり、グラボが高騰、店には在庫が無いなんて状況だったけど。バブル崩壊でマイニング需要も減り、在庫が戻ってきている中、マイニング用モデルの大安売りをしてたので、買ってきました。

AKIBA PC Hotlineに記事があるので、気になる人はそちらで。簡単に説明すると。マイニング専用の映像出力無しのRX470が約6,000円。マイニング用モデルだけどDVI端子が一個のRX570が約12,000円。ともに中古で一ヶ月保障となり、わかる人だけ買ってね、と言う感じの奴。

RX470は中古品をプチプチ袋に入れてあって、店の奥にまだまだ在庫がある感じで、RX570は開封未使用で茶箱に入ったバルク品って感じでした。どっかのマイニング業者の放出品か?、メーカーのHPには、RX570の4GBモデルはあったが8GBモデルが無かったので業者専用の特別モデルかもしれん。

さて買おうかなと並んでたら、RX470を2枚買って行く人が2人もいた。映像端子無いけど安いし、マイニング目的なら2枚でも約12,000円だから、絶妙な価格設定だね。

さて俺はどうするかと言うと、マイニングはしたいけれど、最近のグラボを一枚も持っていないんで、普通のグラボとしても使えるようにRX570を買いました。

AXRX570-8GBD5-DM


赤いドラゴンがかっこいいね、早速、チャート表示&Bitzenyマイニング用PCに入れて見た。

はい、タイトル通り、起動しません!!!

まじか、初期不良?相性問題?、まぁまぁ自作PCにトラブルなんて日常茶飯事、何の問題の無くうまく行くことの方が少ないんじゃないかってくらいだ。気を取り直してググってみた。

なんと、古いマザーと新しいグラボの組み合わせでは、起動時の初期化がうまく行かない場合があるという。BIOSからUEFIに移行してさらにセキュアブートやらなんやらいろいろ追加されているので、BIOS更新で対応できる場合もある。という事だが、BIOSアップデートなんか既に止まっているんで無理。マザーを変えるしか無いと。

今マザーを変えるとなると、CPUもメモリも買わないと無理なので、ひとまず動作確認のためメインPCに入れて見ました。

メインPCは特に問題も無く起動、一度マルチディスプレイで表示できたのに、2回目以降Windowsは起動するけど、画面表示が真っ黒になってしまった。RX570からの1画面表示は確認できたのでグラボとしての動作確認はOK。

マザーからのD-SUB+DVIのマルチモニタに戻して、RX570はモニタ無しにしました。メインPCはA10-7850Kなので、RX570にはモニタを繋がなくてもグラボとして使えるはずです。

今後も、仮想通貨が低迷するなら、マイニング業者放出の中古品が安く出てくるかもしれない、欲しい人は、まめにチェックするのを忘れずに。
Profile

azumashirou

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Sponsored Link
Sponsored Link
QRコード
QRコード
Recent Comments
twitter