東屋Blog

主に自作PC、スロット、株式投資メインでのんびりとやっております。
FX始めました。別ブログです、リンクからどうぞ。

Ubuntu18.04LTSにCOMODOを入れてみた。

MT4でチャートを表示しつつ、BitZenyをマイニングしているPCのOSを、Ubuntu16.04LTSから18.04LTSにバージョンアップしました。

実は、だいぶ前に16.04LTSからそのままグレードアップしてたんだが、書き込みエラーとか出て落ちちゃうので、別のSSD32GBに新たに18.04LTSを入れようとしたら、インストールが失敗する。試しに古い320GBのHDDに入れてみたらすんなり入った。しょうがないのでHDDで運用してます。

とまぁ、どうでもいい話はこのへんで、WindowsのアンチウイルスソフトはAVASTを使っていて、前はLinux用のもあったらしいが、どうも無くなっているのか、いろいろ調べても、情報が古かったりで、いまいちよくわからん。Linuxにはアンチウイルスソフトなんかいらないとか言ってる人もいるようですが、とりあえず入れておきたいじゃん。

で、見つけました「Comodo Antivirus for Linux」
https://www.comodo.com/でPRODUCTS→ConsumerProducts→Antivirus for Linux、Linuxの種類、UbuntuとかMintとかCentOSとか選んで、32Bitか64Bitかを選んで、ダウンロードするようになっています。

Ubuntuの64Bit選んでdebファイルをダウンロード、右クリックからのインストール、はい失敗!


なんだろう、インストールが進行しているような素振りをみせて、なんも無かったように戻ってきて、インストールボタンがそのまま、再度インストール押しても同じ、むむむ。

まぁ大抵はすんなりいかないよね、いつものことだよ。

コンソールからコマンドで実行してたらエラーメッセージが見えたんだろうな、Ubuntu16.04LTSの情報だけどなんか足りないらしい。

https://packages.ubuntu.com/trusty/amd64/libssl0.9.8/download

ここから、libssl0.9.8(省略)amd64.debファイルをダウンロードして、インストールしてから、再度COMODOのインストールしたらうまく行きました。

よかったよかった。

ディスクアップでビタが上手くなる・・・かもしれない方法とは?

ビタってなかなかどうして、調子よければ結構いけるけど、調子悪いと全然ダメなんだよな。
なので、ちょろっと動画を作ってみました。


TOKAIの優待にLIBMO復活!

TOKAIホールディングスの株主優待でゲットした格安SIM(参考記事1参考記事2)もあと半年を切ってきたので、そろそろ対策を練らねばいかんと思っていたところ。なんと、LIBMOの優待が復活してるじゃないですか!。

さすがに前のような大盤振る舞いではなく、普通の優待と同じで持ち株によって内容が良くなっていくタイプに変更されています。これはこれで優待自体が長く続くと思うので歓迎です。

優待内容は、6カ月間の月額割引です。
100〜299株 350円/月 割引
300〜4,999株 850円/月 割引
5,000株以上 1,880/月 割引

3/22の終値は871円なので最低の100株で87,100円と言うことになります。

まぁ、単純に言うと10万円コース、30万円コース、450万円コースの3つで、月当たり350円割引、850円割引、1,880円割引、てなかんじです。ちなみにTOKAIの優待はLIBMO以外に天然水とかQUOカードも選べるので、そっち狙いで株主になるのもありです。ただし、選択式なので同時に貰うことはできません、どれか一つと言うことになります。

それでは、LIBMOのどんなSIMが使えるのかを見てみると。

10万円コースでは、データ通信のみのライトプラン(高速通信無し200Kbps)が月額480円、350円の割引で月額130円で使えることになります。とりあえず通信できる生きてるSIMがほしい、とかサブのスマホに使うとかなら、これで十分ではないでしょうか。

30万円コースでは、データ通信のみの3GBプランが月額880円、850円の割引で月額30円となります。ゼロ円とはなりませんが、ここまで安くなれば問題ないでしょう、もうちょっと払ってSMSをつけちゃうとか、SMS付きのライトプラン月額620円で月額0円にしちゃうのもありかも。

450万円コースは、前回の優待と同じ内容なので、今のまま継続したい場合は450万円分株買えやオラーってことなんでしょう。逆に言えば前回の優待は450万円分だったんですよ、お得だったでしょ、ってことですね。

そんで、私はどうするかと言うと、通話SIM持っていてもほとんど通話しないので、10万円コースか30万円コース、データ通信3GBもいらないし、ってことで10万円コース、100株すでに仕込んであります。ライトプランが遅くて厳しいとなったら途中でプラン変更も出来るし、半年後次の優待で300株にすれば良いので、ひとまずは100株で様子見ってところです。

ネットフリックスが、ちょくちょくエラーになるんですけど。

全然やる気が起きなくて、久々の更新です。

確定申告に行ってきました。税務署についたらめっちゃ行列出来てた。うわ〜時間かかるのかな、今まではこんなに混んでなかったと思ったのに、とか考えつつウロウロしてたら。提出はこちらの看板発見、全然混んでなくて無事提出。おそらく並んでるのは相談か申告書作成の人かな。

年一のイベントが終了して、一安心。

で、本題のネットフリックスなんだが、ブラウザで開くとサイトエラーだかの表示が出て開けない。さらに、疑わしいログインが検出とかで、パスワードがリセットされてたり。一旦正常に戻ったのだが、再びおかしくなった。

ブラウザで開けない問題は、Windowsストアからネットフリックスのアプリをダウンロード、アプリからだと問題なくログインできる。ただし、アカウント情報とかはブラウザ経由になるのでサイトエラーで開けない。

パソコンからはブラウザ変えてもサイトエラーになるので、パスワードの再設定はWifiを切ってスマホのブラウザから再設定しました。

なんだろうか、おま環なのか、ネットフリックス側の問題なのか、とりあえずはアプリから使えてるから良いんだけど。

SMBSync2がエラーで同期できなくなった!。

ちょっと前からSMBSync2で同期しようとするとエラーになって同期できなくなった。仕方ないのでしばらくUSB接続でコピーしていたが、原因らしきものがわかり、とりあえずの対応策を講じて復旧した。

現象としては、同期開始から同期先のパソコンに接続できずに終了してしまう。履歴を見ると「Failed to connect パソコンの名前 <20>/172.18.18.209」と表示されている。

このIPアドレスは、宅内LANのアドレスでは無く、当然モデムに割り当てられたグローバルアドレスでもない。実は、一般的な192.168.0.0のローカルIPと同じく、ローカルIPで使うアドレスなので、なんらかの要因で割り当てられたか、違うものを参照しているのかもと、モデムやらパソコンやらの設定をいろいろ調べてみた。久しぶりにipconfigやらnbtstatやら打ちこんだよ。

わかったのは、Windows10のネットワーク設定に、いつの間にか vEthernet(Default Switch) なるものが追加されていて、こいつのIPアドレスが 172.18.x.xになっていた。

ちょっと調べて見たら、Hyper-V(仮想マシン)ように割り当てられていて仮想マシンはこのvEthernet経由でネットにアクセスするらしい。削除する方法もあったんだが、仮想マシンは詳しくないし、使ったことないコマンド打てとか、消したのに復活するとか書いてあったり、よくわかりません。

なので、単純にSMBSync2の設定を変更しました。パソコン名での指定をやめて、宅内LANのIPアドレスを直接指定しました。メインPCはMACアドレス設定してDHCPで毎回固定のIPアドレスが割り当てられるようにしているので、多分大丈夫でしょ。

見た目かっこ悪いけどしょうがない。
Profile

azumashirou

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Sponsored Link
Sponsored Link
QRコード
QRコード
Recent Comments
twitter