東屋Blog

主に自作PC、スロット、株式投資メインでのんびりとやっております。
FX始めました。別ブログです、リンクからどうぞ。

海猿Limit of love

ひさびさの映画、海猿を見てきました
内容は、船が座礁して救助活動するって感じ

しかし、救助活動ってのは大変だね
俺みたいなダメ人間にはとうてい勤まらん

話は変って、予告で「やわらかい生活」という
のをやってた
なんと舞台が地元でないの、後ろの店や看板が
よく行く所ばっかりで、内容はよくわからないが
わくわくしちゃうよ、それは

予告=ここで上映=優待でタダ見

という方程式が成り立つんだよね
上映は新宿とかの場合もあるけど、それでも優待
で見れるからね

最近株価が下がってるけど、売らないよ、逆に
買い増ししたい位ですよ

NEWパソ買いました

長い間検討していたNEWパソ、とうとう決断の
時期が来た、というのも今のディスプレイが
たまに「ぱちっ」とか言って光が走る、これは
ブラウン管特有の現象か、寿命が近づいているのか
昔X68000(古っ)のディスプレイがこんな感じで
ダメになったからね

ディスプレイを買い換えれば安上がりだけど、やっぱ
新しいのが欲しいから、ノートはリブレット以外買った
ことないし

で、スペックの条件は
・ノートPC
・14インチ位のワイド(WXGA)
・無線LAN
・DVD-/+RWドライブ
・メモリ512MB

いろいろ調べて2機種に絞った

1.ソニーのVAIO Type F light
2.DellのInspiron 640m

まずはVAIOの特徴
・薄くてデザイン、色がいい
・液晶がツルテカでクリアブラック(LE)
・カメラ、マイク内臓
・Flicaポート内臓でEdyやSuicaが読み書きできる
・CPUはCeleron(オーナーメイドでPenMにすると高い)

次はDellの特徴
・ちょい厚めでゴツイ感じ
・液晶はツルテカでWXGA+、1440*900
・Bluetooth内臓
・CPUがCoreDuo

とまぁこんな感じ、値段はどっちも同じくらい
両方とも、先日秋葉原に実物を見に行きました

VAIOはヨドバシで見たけど、やっぱデザインはいい
さすがソニーといった感じ、ただEnterキーがやたら
でかい、通常の倍くらいあるんじゃないかな
あとカメラは液晶の上、真ん中辺りにあるけど
埋め込んであって、角度は固定、くるっと回せる
のだったらよかったんだけどな

DELLのほうはザ・コンのリアルサイトに行った
特に良くも悪くもない感じ、VAIOと比べると
デザインはいまいちだけど、好みによるからね

さぁこまった、カメラとFelicaは面白いけど
無くてもいいかな、CPUもCeleronで十分なんだけど

結局、悩んで悩んでDellにしました、決め手は
WXGA+とCoreDuo、カメラ&マイクはすでに別の
パソコンにつけてあるし、FelicaはSuicaの履歴
見るくらいしか使わないだろうし
DellがCoreDuoで高ければ、多分VAIOだろうけど
同じくらいだから

さぁ早くこないかな、来たら来たで引越しが大変
なんだけどね

スタートレック ベストエピソード コレクション

実はスタートレックが大好きなんです
で、ディアゴスティーニからなにやら出るとの事で
買ってきました、1990円だが創刊号は790円と激安
今後たくさん出そうなんで全部買うと結構な金額に
なっちゃうんだけどね、マガジンとDVDに3作品
入ってるから高いDVDBOX買うより良いかも

スタートレックを最初に見たのはかなり昔、子供の頃
だったと思う、記憶はほとんどないが、海外ドラマが
好きでバイオニックジェミーとかジョンアンドパンチ
とかも見ていた頃だと思う、その後日本ではあんまり
放送してなかったと思うが映画は作成されていたので
知っている人もいるんじゃないかな。

シリーズがいくつかあって、
TOS The Original Series
TNG The Next Generation、
DS9 Deep Space 9
VGR Voyager
ENT Enterprise
となっています、TNGはレンタルビデオでDS9とVGRは
深夜放送で見ました、DS9は現在深夜に放送してます

長い年月にわたる作品なので、ある程度予備知識が
ないと、わからない、つまらないということにも
なりそうですが、そこはマガジンがフォローして
くれそう、ただ創刊号だけだと辛いかもしれない
ですけど

創刊号のVoyagerにはクリンゴンの有名な言葉
「Today is a good day to die」が出てきます
中学校レベルで十分理解できる英語だと思います
クリンゴンは強靭な肉体をもち好戦的で戦闘での
死は名誉なことと考えられていて、死を覚悟したときに
よく言います

あと宇宙船で長旅をするので、いろいろ科学的な
背景みたいなのも考えられてます、おいらが面白い
と思ったのでワープ理論とレプリケータがあります

ワープ理論は光速を超えて移動する方法です、船の
まわりがワープフィールドに囲まれて、ワープ飛行
に入るのですが、船は一瞬にして光速を超えます
そのためその瞬間、船が伸びたように見えて消え
てしまいます

中の人はどうなっているのでしょうか、ワープに
入るときには特に衝撃も加速も無いのです
それはワープフィールドに囲まれた内部の
空間自体が移動して、その中で船は静止しているからです
静止しているので相対性理論による時間の問題も
回避しています

次にレプリケータですが、日本語では複製装置とか
訳されています、主に食事や飲み物を作るのに利用されます
電子レンジの扉なしで壁埋め込み、みたいな感じなのですが
レプリケータに向かって「コーヒー」とか言うとカップに入った
コーヒーが現れます、気に入らなければ「ブラックで」とか
言うと、消えて再びブラックコーヒーになって現れます

これは究極のリサイクルをしています、レプリケータでは元素
から物質を作成します、調理するというレベルではないのです
データさえあればどんな料理もどんな飲み物を作り出します
皿やスプーンなどの食器も一緒に作り出すので、盛り付けされた
状態で現れます

そして食事が終ったら食器や食べ残しはレプリケータにもどします
そして元素に分解され次回のときに再利用されるのです
皿洗いも無く、ごみや残飯なども一切発生しないのです
一説によると排泄物も元素に分解されて再利用しているとか

これで船を動かすエネルギーさえあれば、どんな長旅になっても
安心ってことです、ちょっと無理やりな感じもしますが
このような技術がないと宇宙で長旅なんてできませんよ

長文になっちゃったのでこの辺で終了です、興味のある人は
安いので、創刊号だけでも買ってみましょう

バーチャファイター5(ロケテスト)

久々に秋葉原に行ったら、なにやらポスターに
「バーチャファイター5ロケテスト中」の文字
とアキラの顔・・・・ちょっと怖いんですけど

さっそく見に行ってみた、見た感じ驚くほどの変化は
なさそうだが、細かく見れば変わってるのかな

せっかくなので勝負っ、何年ぶりかのジジイ
よわっジジイ、つか俺、コマンドも忘れてるから
こんなもんだろ、ロケテスト中だからギャラリー
多すぎ、恥ずかしいので1回だけで終了

新キャラも追加されてるようなんで、そのうち
再挑戦するかもね

ロックユークイーン

クイーンビッグ


ちまたでは多分評判のよくないロックユークイーン
30G/1kとコイン持ち悪い、BIGで200枚としょぼい等
まぁ北斗世代には受け入れられないんだろうな。

基本スペックはボーナスはBIGのみ払出200枚
BIG確率は設定1で1/213、設定6で1/184
青7:QB(クイーンビッグ)は3:1
QB後にQG(クイーンゲーム)という1000GのRT
に突入、ほぼ次回BIGが引ける。
通常時に上段ベル、確率1/1600でQG突入、こっちも1000G
(実際は1ラインなので中段ラインにリプリプ7等が揃う)

RTがメインと言っていいクイーンでは
ボーナスの連荘でコインを増やすと思っていたら
大間違い、連荘も必要だが、一番大事なのは展開なのだ。

今現在トータル12500G、ボーナス確率1/250で
普通の台なら爆死のはずだが、なぜか浮いてる。

それは12500Gのうち6400GがRTだったのだ
つまり半分はRTで消化しているのである。

出玉的には即効数千枚とはいかないが、たとえばQGで
600Gハマったら実質1000枚分のコインに相当する。

例えばQB後の600Gハマリは実質的にはビッグで1200枚
出て、600Gハマって1000枚飲まれてビッグを引いたという
のと同じなのだ。
しかも実際はRTでしょぼいながらもコインが増えてる。
ものは考えようってことだ。

理想的な展開は青7では連荘し、QB後もしくはQG引いて
大ハマリ、これを繰り返すとコインが減らないのだ、しかも
精神的にかなり楽だし、演出も楽しめる。

QGなんて引けないんじゃないのと思ってるあなた
QBと通常時QGの合成確率は設定1で1/556なのだ
AタイプのREGくらいの確率だから結構引けそうな
気がしてきたんじゃないの。

大雑把に計算して600G単位で考えると、そのうち
200G位はRTで、3回位はBIG引けるという感じ
もしかしたら出ちゃうかもって感じでしょ。

でも展開が逆のときはかなり悲惨なので気をつけましょう
Profile

azumashirou

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Sponsored Link
Sponsored Link
QRコード
QRコード
Recent Comments
twitter