またまたNHKのおかしな理論。

経営委員長が将来的に放送と同時にネット配信する。そして「公共放送を維持していくためには、ネット配信であっても何らかの受信料をいただく必要がある」とか言ったらしい。

いやいや、おかしいだろ。「放送と同時にネット配信する」は良いよ、そこは問題じゃない、なんでそこから受信料になっちゃうのか。

言うなら「放送と同時にネット配信し既に契約している家庭はそのままで見れるし、必要ならネットのみの環境でも契約し視聴することができます」だろ。NHKは放送を勝手にネットに流して関係ない人からも受信料を徴収するつもりなのか。

そもそも、法律上はネットの場合は放送ではなく通信なので対象外になるようだが、法律改正とか解釈の変更とかいろいろやってくる可能性があるから油断はできない。

勘違いしないでほしいのが、俺は受信料を払わないって言っているわけではない、NHKを見る人はちゃんと払うべき、でも携帯電話を買った、とかネットに繋いだ、ただそれだけで即払えってなるのがおかしいって言っているのです。

既に時代に合っていないんじゃないか、見直す必要があるんじゃないか、なんて思えてくる。