新しいものに手を出すと、すぐにトラブル発生するよね。

パソコンとかってトラブルも楽しめるくらいじゃないとやっていけないんだよねぇ。んで、最初インストールしたとき、モニタの最大解像度は1280x1024なのに、設定できる最大解像度が1024x768になっていて、しょうがないなぁ、これで使うか、とあきらめていたんだが。翌日だったか起動したら1280x1024になっていたんですよ。

よくわかんないけどラッキー、って思っていたら、アップデートからの再起動でまた1024x768に戻っちゃった、あれれ、と思って調べてみた。コマンドでパラメータ設定すれば解像度変えられるよ、っての見つけてやってみたんだがうまく行かず。画面がぐちゃって感じで明らかにパラメータがおかしい。だめかぁ、とあきらめていたら、また翌日1280x1024になってた、モニタの電源ONOFFなのかと思ったが違うようで、よくわからん。

これは、パラメータ調べないとだめだな、ってことでモニタの取説からサポートしてるモード一覧を見てみた。明らかに違うとこ発見、調べた方法だと「-hsync +vsync」ってなるけど、俺のモニタはどっちも+だったんだね。他も微妙に違うし、どうしたもんかと、いろんなサイト漁ってたら、「modeline Database」なるサイト発見。いろんなモニタのモード設定が出ている。

残念ながら俺のモニタは無いんだけど、そこは長年の経験が物を言うんだね、近いもので代用すれば良いんだよ。ってことで問題解決。

俺のモニタ(Acer AL1917)
Mode Resolution Total HSync VSync PixelClock
SXGA 1280x1024@60Hz 1688x1066 + 63.981KHz + 60.020Hz 108.000
SXGA 1280x1024@75Hz 1688x1066 + 79.976KHz + 75.025Hz 135.000


ZorinOSの設定(xrandrで打つパラメータ)
"1280x1024_60.00" 108.00 1280 1328 1440 1688 1024 1025 1028 1066 +hsync +vsync
"1280x1024_75.00" 135.00 1280 1296 1440 1688 1024 1025 1028 1066 +hsync +vsync

実際にどんなふうにやるのかと言うと。

1.現在のモードとディスプレイの接続名を確認する。
ターミナルを起動してパラメータ無しでxrandrを実行。現在のモードには*が付いていて、ディスプレイの接続名はVGAとかHDMIとか出てくる。

今回の場合はVGA-0とする。

2.追加するモードを設定する。

xrandr --newmode "1280x1024_60.00" 108.00 1280 1328 1440 1688 1024 1025 1028 1066 +hsync +vsync

3.ディスプレイの接続名にモードを追加。
xrandr --addmode VGA-0 1280x1024_60.00

4.ディスプレイに解像度を設定する。
xrandr --output VGA-0 --mode 1280x1024_60.00

これで1280x1024_60Hzの設定になる。

ここで注意しないといけないのは、すべて手動でやっているので間違えたり、サポートしていないパラメータで設定しちゃうと画面表示ができなくなる可能性があると言うことです。ただし、この設定は一時的なもので再起動すると元に戻ってしまうので、最悪でも再起動すれば何とかなる、かな?保障はできませんのでそこは自己責任でお願いします。

なんかの設定ファイルに書いておけば起動時に変更できるらしいんだけど、それが見つからなかった、ZorinOSだからその辺のファイル構成が違うのかわからんけど、スクリプト作ったから、毎回スクリプト実行すれば良いんでしょ、はいはい実行しますよ。