東屋Blog

主に自作PC、スロット、株式投資メインでのんびりとやっております。
FX始めました。別ブログです、リンクからどうぞ。

TLC WAONカードが届きました。

TOKAI HDの株主優待で、LIBMOの申し込みをした時に一緒にTLC WAONカードの申し込みしました。

前回(去年)の通話SIMで契約したときは、1年限定だったので、どうせ1年使ったらLIBMO優待は無くなっちゃうんでしょ、そしたらもう株は売っちゃうのでカードあっても意味ないし、普通のWAONカードならもう持ってるし、でカードの申し込みはしなかったんです。

しか〜し、LIBMO優待が継続されたので、これはよっぽどの改悪か、LIBMO優待が無くなるか、俺の株資金が無くなるまでは優待GETするぞってことでTLC WAONカードを申し込みました。

ちなみに、普通のWAONカードを持っているのは、2012/11/18の記事に書いてありますが、IIJmioに移行したときにWAONポイントプレゼントをやっていたからなんですね。で、ポイントをもらった後WAONカードで支払いに使うにはさらにポイントからチャージという操作が必要、そしてチャージするためにはあらかじめ現金とかで1000円チャージしておかないといけない、というね、メンドクサ。それは今でも変わってない様です。

で、調べました。なんと、使えるところもチャージできるところも格段に増えていて、いちいちイオンまで行かなくても大丈夫。

ってことで言ってきました近所のマルエツ。

TLC_WAON_S

残念、マルエツはイオン銀行ATMはあるけれど、買い物の支払いは出来ないようです。光って良く見えないけど左上に TLC WAON って書いてあります。

支払いはファミマ、ローソン、ローソン100で使えるので早速ローソン100で普通のWAONカードの残高全部使ってきました、500円くらいしか残ってなかったんで速攻無くなっただけなんですけどね。ローソン100は新しいレジがめちゃめちゃ高機能でいろんなカードが使えるようになったので便利です。

ちなみに、WAONカードは最初に300円取られますが、それはデポジットではなく発行手数料なので返却しても戻ってくることはありません。なので普通のWAONカードは記念として押し入れにしまっておきます。

LIBMOのSIMが来ました。

早速SIMが届きました。速攻で設定して使ってみました。

さすがに200Kbpsでは画像の読み込みは時間かかるので、重いサイトは厳しいが、メールやトレードでは特に問題なく使えます。あとは時間帯で重くなるかどうかです。

ちなみに電話番号が020から始まる番号でした。これはデータ通信専用の番号だったかな、電話はしないので別に番号自体は関係無いんだけどね。

しばらくはLIBMO、0SIMの二つ(端末2台)を使って、遅くてたまらんってときだけ楽天モバイル(旧フリーテル)に切り替える方法で行きます。

LIBMOの契約をしました。

思っていたよりも早く優待が到着しました。
前回と同じで株主優待用のコードが印刷された案内の用紙と申し込み方法、プラン、端末のパンフレットが入っています。

TokaiHD2019


早速申し込みました。データ通信のみのライトプランで月額480円、株主優待で350円引かれるので支払いは130円となります。

ただねぇ、ライトプランは200Kbps固定なのでちょっと厳しいかもしれんが、バースト機能があるかもしれんし、使ってみないとわからんよね。どうしてもだめな場合はプラン変更できるっぽいので、ひとつ上の3GBプラン880円かな、3GBもいらないんだけどね。

そんで、3GBもあるなら、データシェアオプションでSIM追加したほうが割安のような気もするし、いろいろあって悩みますな。


実はIIJのMVNEでバースト機能があるような気がしてるんだけどどうなんだろうか

まずは、早くSIM来ないかな。

LIBMOの解約をしました。

予定通り1年経ったので、本日7月30日午前中、電話にてLIBMOの解約をしました。電話するのめんどくさいな、今時WEBでささっと出来ないのかな、なんて思ってましたが、おそらくはMNPがらみのトラブルを避けるためなのかもしれません。

俺みたいに通話用に別に持っている人は関係ないけど、一般的な人はスマホの電話番号変えずに他に移行するのが普通なので、めんどくさいMNP手続き踏まないと電話番号が変わっちゃうからね。

通話用にはいまだにガラケー使ってるっていうね、しかもソフトバンクなんで今年の11月でセキュリティ強化により古いタイプのガラケーは使えなくなるとかで、しかたなく中古の202SH(PANTONE)を買いました。でも通話は、ほぼしないんだけどね。

で、本題に戻ると、明日の午前中には解約完了となり、圏外表示になるとのこと。TOKAIの株主優待がまだ来ていない(優待案内は来たがコース選択後のLIBMOの書類が来ていない)ので、しばらくは0SIMを復活させることになりそうです。

久々の0SIM、速度が不安定だったから心配だが、改善されていると良いなぁ。なんかLIBMOの書類が来るのは8月末とか言ってたかな、べつに早く来ても良いんだよ。

TOKAIの優待にLIBMO復活!

TOKAIホールディングスの株主優待でゲットした格安SIM(参考記事1参考記事2)もあと半年を切ってきたので、そろそろ対策を練らねばいかんと思っていたところ。なんと、LIBMOの優待が復活してるじゃないですか!。

さすがに前のような大盤振る舞いではなく、普通の優待と同じで持ち株によって内容が良くなっていくタイプに変更されています。これはこれで優待自体が長く続くと思うので歓迎です。

優待内容は、6カ月間の月額割引です。
100〜299株 350円/月 割引
300〜4,999株 850円/月 割引
5,000株以上 1,880/月 割引

3/22の終値は871円なので最低の100株で87,100円と言うことになります。

まぁ、単純に言うと10万円コース、30万円コース、450万円コースの3つで、月当たり350円割引、850円割引、1,880円割引、てなかんじです。ちなみにTOKAIの優待はLIBMO以外に天然水とかQUOカードも選べるので、そっち狙いで株主になるのもありです。ただし、選択式なので同時に貰うことはできません、どれか一つと言うことになります。

それでは、LIBMOのどんなSIMが使えるのかを見てみると。

10万円コースでは、データ通信のみのライトプラン(高速通信無し200Kbps)が月額480円、350円の割引で月額130円で使えることになります。とりあえず通信できる生きてるSIMがほしい、とかサブのスマホに使うとかなら、これで十分ではないでしょうか。

30万円コースでは、データ通信のみの3GBプランが月額880円、850円の割引で月額30円となります。ゼロ円とはなりませんが、ここまで安くなれば問題ないでしょう、もうちょっと払ってSMSをつけちゃうとか、SMS付きのライトプラン月額620円で月額0円にしちゃうのもありかも。

450万円コースは、前回の優待と同じ内容なので、今のまま継続したい場合は450万円分株買えやオラーってことなんでしょう。逆に言えば前回の優待は450万円分だったんですよ、お得だったでしょ、ってことですね。

そんで、私はどうするかと言うと、通話SIM持っていてもほとんど通話しないので、10万円コースか30万円コース、データ通信3GBもいらないし、ってことで10万円コース、100株すでに仕込んであります。ライトプランが遅くて厳しいとなったら途中でプラン変更も出来るし、半年後次の優待で300株にすれば良いので、ひとまずは100株で様子見ってところです。

Profile

azumashirou

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Sponsored Link
Sponsored Link
QRコード
QRコード
Recent Comments
twitter