東屋Blog

主に自作PC、スロット、株式投資メインでのんびりとやっております。
FX始めました。別ブログです、リンクからどうぞ。

IT関連

Operaで文字化け

メインスマホ(F-02E)ではOperaを使っているのだが、アップデートしたら俺のモバイル用のWebページが文字化けしてしまった。最初はサーバー側がおかしくなったのかと思ったがChromeで開くとちゃんと表示されるので、今回のアップデートで仕様変更かバグかなにかがあったのだろう。

ひとまずChrome使って問題は無かったけど、どうしようか考えた結果、WebページのほうをHTML5仕様に変更してみることにした。文字化けするのは俺の作ったページだけで、他のサイトなどは特に問題なく表示されているので、古いんだよってことでしょ、どうせ。

それにHTML5のほうが単純化されていてすっきりするんだよね。
例えば最初に書くおまじないなんか

昔 
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">

HTML5
<!doctype html>

めっちゃ短い。

で、文字化けするのはエンコード指定で文字セット指定するんだけどそれがうまく認識できていないとかそういう感じなので、文字セットの指定が認識できれば解決できると予想していた。

昔 
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">

HTML5
<meta charset="Shift_JIS">

こっちもめっちゃ短い。

これでダメならOperaやめる、と思っていたけど、問題なく表示されるようになりました。結局、何が問題でどこがおかしいとかわからないけど、ちゃんと表示されているのでOKです。

LibreOffice Ver5.4.1(安定板Ver5.3.6)更新されるも使えない。

LibreOfficeがアップデートされたと言うので、早速ダウンロードしてインストールしてみました。基本的には安定板を使うので64bitの安定板をインストール。

で、起動してみたら画面の描画がワンテンポ、ツーテンポ遅れるというか、シートの切り替えで、上の部分が更新されて、遅れて下の部分が更新される、みたいな、内部のタスク切り替えがうまく行ってないとか、CPU負荷がかかりすぎて動きが重いときのような感じ。さらに、ウィンドウのサイズを変更しようとすると、マウスの動きにまったくついてこれない、これじゃダメだろ。

もしかすると、俺のPCがAMDのAPUだから相性的な問題かもしれないけど、前のバージョンでも問題ないので、元に戻しました。

LibreOfficeはただでさえ重いから、もっと軽いバージョン出してくれないかな。マイクロソフト純正は重そうだから無しとして、KINGSOFTのオフィスは軽いという噂だけど、どうなんだろ。パーソナルなら3,000円位なんで、別に買っても良いんだけどねぇ。

3TBのHDDとファイル履歴によるバックアップ

HDDって気が付かないうちにいっぱいになってるよね。

ってことで買ってしまいました3TBのHDD、東芝の「DT01ACA300」いつものごとく在庫処分的なやつですよ、ええ、ええ、2TB位あればいいかなって物色してたら、あら3TBが税込みで8,290円、これね2TBと比べるとちょい高いけど、4TBになっちゃうと一気に1万超えるみたいな、ちょうど良い感じで買ってしまいましたね。

今使ってるHDDが2.5インチの300GBなんでちょうど10倍になります。ぶっちゃけ3TBなんて使わないと思うんだけど、動画やりだすと結構使っちゃうからねぇ、で、まぁしばらくは容量不足なんてことにはならないでしょう。

空いた2.5インチHDDのところには余ってる32GBのSSDを入れて、現在の構成は。

C:240GB SSD システム
D:ブルーレイドライブ
E:32GB SSD
F:1TB HDD
G:1.8TB HDD

3TBはパーティション切って1TBと残りに分けています。1TBのほうに今まで使っていた300GBのHDDにあったファイルをコピーして使っています。32GBのSSDには日々更新してるドキュメントやインストーラを使わないアプリ(ディレクトリに展開するだけで使えるタイプ)を入れて使います。

さて、残った分はどうしようと考えていたら、ファイル履歴なるバックアップ方法が見つかりました、Windows8から導入されたらしく、Windows8を使っていなかったので今まで知りませんでした。

なんと、ただのバックアップではなくて世代管理付きみたいなんですよ、昔大型コンピュータのプログラム作っていたときはソースの世代管理は当たり前で、だいぶたってからPCでもやっと導入されたものです。ただし1つのファイルでも複数保存することになるのでその分容量は食いますが、いまやTBの時代ですよ、個人が作るドキュメントなんて、それに比べたら小さい小さい。

ちょっとググれば使い方は出てくるので、詳しくは書きませんけど、USBメモリか外付けハードディスクを接続しないと使えません、てなことを書いてます、ですが、ようはシステムドライブにバックアップすることはできませんと言う意味で、増設ドライブならOKのようです、実際ドライブ選択画面にはCドライブは表示されていませんがEFGの追加ドライブは表示されています。

デフォルトではユーザーディレクトリの直下を全部バックアップする設定になっていますが、不要だなと思ったら対象から削除することができます。当然、追加もできます、今回はEドライブのドキュメント用ディレクトリをバックアップ対象に追加しました。

バックアップ先はGドライブに設定、1.8TBもあるのでそう簡単にはいっぱいにはなりません。設定をするとGドライブにはFileHistoryと言うディレクトリが作られて、その下にバックアップされていきます。

もっとシンプルな構成で、CドライブがSSD、D:がHDDみたいな場合、Cドライブでドキュメント作成してDドライブに自動でバックアップというわかりやすい形になります。

ただし、ファイル履歴も常にうまく動くとは限らないので、定期的に手動で、例えばUSBメモリなどの別メディアにバックアップしないといけません。

ZorinOS、音が出ない!

ほんと次から次へとトラブル続出。

いつもブラウザでVPSの画面出しっぱなしなんで気が付かなかったけど、音が出ない。VPSのubuntuだとタスクバーの右側にボリュームコントロールがあるのに、ZorinOSの方には表示されていない。一度youtube再生して音が出るの確認したんだけど、ZorinOS 12 を入れたときだったのかな、もう覚えてない。どちらにしろなんとかしなければ。

と言うことで困ったときのgoogle先生、はいありました、治らないケースもあるみたいだけど、まずはやってみないとわかんないよね。ってことで簡単そうなやつをやってみました。

いわゆる再インストールなんだけどね。
ALSA(Advanced Linux Sound Architecture)をアンインストールする。

sudo apt-get purge alsa
sudo apt-get autoremove

一旦再起動(念のため)

PulseAudioをアンインストールして再インストールする。

sudo apt-get purge pulseaudio
sudo apt-get install pulseaudio

再び再起動

そして無事、タスクバーにボリュームコントロールが表示され音が出るようになりました。ちょっと音が小さい気がするんだけど、メインPC(win10)だとブーストとかあったような気がしたが、まぁ音は出てるし良しとしよう。

まだまだなんか起きそうだけど、じっくりやっていきます。

ZorinOS、空き容量が足りません!

おいおい、早速またトラブルかよ。

こんなん出ました。
空き容量が足りません


1TBのSSHDなのに、足りないってどういうことなんだよ。かなり昔だけど、Linuxで遊んでた時期があるから大体の予想はつくんだけど、案の定でした。

Linuxのディスクは見た目は/が一番上のツリー構造なんだけど、/homeとかディレクトリごとにディスクを割り当てたりできるんだよね。というか昔はディスクを2台つかって1台は/home専用にしてディスクがいっぱいになってもシステムに影響を与えないようにとか、アクセスを分散して負荷を軽減とかしていた。

インストール時に自動で入れちゃったので勝手にパーティション分けして/bootに割り当てた分がいっぱいになったよってことでした。ということでお掃除タイムです。

ターミナル起動して、コマンド打ちます。
空き容量を増やす1

赤い矢印のところがコマンドを入力したところです。

df /boot 

どのくらい使っているかを調べます。71%使用中と出ています。

uname -a

現在使用しているLinuxカーネルのバージョンを調べます。3.13.0-114と出ています。

dpkg --get-selections | grep linux-image

おお、パイプ使ってます。パイプとは複数のコマンドを使い、最初のコマンドの出力を次のコマンドの入力にするという、画期的な技でございます。この場合、一覧を表示させるのだがその中のlinux-imageを含んでる行だけを抽出するってことです。最新とその前位だけ残して古いものは消してしまいます。114と113を残して32と112は消してしまいます。

sudo apt-get remove linux-image-3.13.0-32-generic

sudo apt-get remove linux-image-3.13.0-112-generic

で、よくわからんけどこれもやっておけと書いてあったのでやっておいた。

sudo apt-get autoremove

これで無事アップデートが終了できました。しかし、アップデート見てたら115を入れてるようなメッセージが出ていたから、すぐに足りねぇとか言ってきそうだ。

Profile

azumashirou

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Sponsored Link
Sponsored Link
QRコード
QRコード
Recent Comments
twitter