東屋Blog

主に自作PC、スロット、株式投資メインでのんびりとやっております。
FX始めました。別ブログです、リンクからどうぞ。

ネット関連

ムームードメイン、1年更新で200円引き

年末も近づいてきて、ムームードメインの支払いチェックをしていたら、「数量限定 ドメイン1年更新で200円引きキャンペーン」なんてのをやっていた。

ドメインの更新は自動更新にしてあるので、たまにしか覗かないんだが、たしか1月に更新だったよなぁとおさいぽ(自動支払い)の残高とムームードメインの更新期限をチェックしたのです。

キャンペーン期間は12月末まで、それまでにクーポンを適用して更新手続きをすれば200円割引になります。なので、さっそく更新しました。

ちなみに「おさいぽ」と言うのはWebmoneyや振り込み等でチャージしてポイント購入、それをムームドメインやロリポップなどのGMOペパボのサービスでの支払いに使えると言うものです。

ムームードメインを使っていて近々更新が予定されている人は、今のうちに更新しちゃったほうがお得ですよ。

NHKおかしいだろ2(ネット配信)

またまたNHKのおかしな理論。

経営委員長が将来的に放送と同時にネット配信する。そして「公共放送を維持していくためには、ネット配信であっても何らかの受信料をいただく必要がある」とか言ったらしい。

いやいや、おかしいだろ。「放送と同時にネット配信する」は良いよ、そこは問題じゃない、なんでそこから受信料になっちゃうのか。

言うなら「放送と同時にネット配信し既に契約している家庭はそのままで見れるし、必要ならネットのみの環境でも契約し視聴することができます」だろ。NHKは放送を勝手にネットに流して関係ない人からも受信料を徴収するつもりなのか。

そもそも、法律上はネットの場合は放送ではなく通信なので対象外になるようだが、法律改正とか解釈の変更とかいろいろやってくる可能性があるから油断はできない。

勘違いしないでほしいのが、俺は受信料を払わないって言っているわけではない、NHKを見る人はちゃんと払うべき、でも携帯電話を買った、とかネットに繋いだ、ただそれだけで即払えってなるのがおかしいって言っているのです。

既に時代に合っていないんじゃないか、見直す必要があるんじゃないか、なんて思えてくる。




ニコニコ動画のプレミアム会員になってみた。

ヤフーBBに変えて約半月、何のトラブルも無く安定してる。前の環境では2〜3日に一回くらいかな、ブツッって回線切れて、再接続に時間かかってちょっとイライラすることもあったんだけど、ノイズに弱いからしょうがないか、って我慢してたんだが、それがまったく無くなった。

その理由は、想像だけど、モデムが50M用の物でそれを12Mで使ってるからだろう、あとは性能が上がってノイズにも強いのかもしれん。どっちにしてもめっちゃ安定してるので安心してネットができる。

月額が下がってさらに安定とくれば、下がった分でなんかしようと思うわけですよ、そこでニコニコ動画のプレミアム会員がちょうどいい、ということになるんですね。とりあえずWebMoneyで90日分やってみてそれから継続するか考えます。

人気の生放送で何度か追い出されたことあったけど、これでしばらくは大丈夫。タイムシフトも見れる。

いまんとこ俺の生放送をやる予定は無いよ、やり方わからんし。

AsahiNetからyahoo!BBに変更しました。

ヤフーBBのキャンペーンとかでADSLが5年間割引、ての見つけて、衝動的に申し込んじゃいました。だって安いんだもの。

キャッシュバックで実質〇〇円てのは2年目から高くなったり、キャッシュバックが1年後とかめんどくさいんですよね。でも、これは初月無料で、最初から割引で5年間とわかりやすい。

通常価格1,801円のところ、536円割引の1,265円+ユニバーサルサービス料2円+標準工事費(月割り)80円、合計1,347円

AsahiNet+e-accsessが2,149円なので、なんと差し引き802円もお得!。

今日工事日で、今日モデム届いて、接続したら即開通、設定とかしなくても繋げるだけで大丈夫だった。PC起動したら新しいネットワークとか出てきて、ホームネットワーク選んだくらい。ちょっと調べたらローカルのIPが前のとちょっと違ってたので別のネットワークと判断したらしい。

ちなみに回線速度は12M、前に一度もっと速い30M位だったか、変えたことあったんだけど、そのとき、たいして速くならなくて12Mに戻してるんだよね。だから12Mで良いのです。

デメリットが無いわけではなくて、なんと2年縛りで、解約出来るのが2年ごとの更新月のみ、それ以外だと契約解除料9,500円が発生します。


いままでの事を考えれば、よっぽどすごいプランが出てこない限り変更することは無いと思うので大丈夫でしょう。例えば、ADSL12Mで500円とか、光100Mで2,000円とか、そのくらいのレベルだね。

最後に実質の回線速度は8Mくらい、前よりちょっと速くなりました、おそらくモデムが50M用の物なので性能が良いのでしょう。

帯域調整

あ、そういえば最近回線切断が頻繁に起こるので帯域調整の依頼をしてんだった、ってことでADSLモデムを調べたら既に調整後だった。

ちなみに帯域調整って何?な人のためにちょっと説明をしておきましょう。

まず、ADSLってのはその昔、通信速度は56Kbpsで限界と言われていた電話回線で、インチキと言うか、なんというか、まぁその限界を超えた技術なんです。

しかし、もともとアナログの音声用の電線を使ってデジタル通信するから、非常にノイズに弱い、だから50Mと言ってもフルスピード出すには条件がかなり厳しい、でもそこは回線品質にあわせてスピードを落としていって、この辺なら大丈夫ってところで接続するんです。
電話局から遠くなるとどんどん遅くなり、遠すぎると接続不可、そのうえどうなるかはやってみないとわからないという、まさに欧米的な感じ。
最近はリーチDSLと行って、はじめから速度を落として、かなり遠くても大丈夫なものがあります。

我が家の場合は電話局からはそれほど遠くないし、結構スピードが出るはずなんだが、家の中に引き込んでからのケーブルが長いし、他の部屋にも配線してあるからあんまり速くないんです、大体6M位ですね。
で、これは速いのにしても、たいして上がらないんですよ、その仕組みの説明は省きますけど、ようは回線の品質が速度の上限を決めているって感じです。

で、なんで回線切断が起こるのって話になりますが、最初に説明したようにノイズに弱いので、突如発生するノイズがあると通信出来なくなり切れちゃうんですね、例えば電話の着信とか、蛍光灯の点灯とかです。
ぎりぎりのとこで接続して速度を出そうとしてるからしょうがないといえばしょうがないんです。

そして、そこで帯域調整の登場です。もう接続出来る速度がわかってるから、そこから何割かダウンさせて接続するように調整するんですね。
これもどのくらいまで下げれば大丈夫なのかはやってみないとわかりませんが、よほどのことがない限り大丈夫でしょう。

最後に、もし調整してもダメ、もしくは遅すぎると言う場合は、光にするしかないですね。光ならノイズの影響を受けませんからね。

さぁ、お願いだから安定して、我が家のADSL、だって光はまだまだ高いんだもん。
Profile

azumashirou

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Sponsored Link
Sponsored Link
QRコード
QRコード
Recent Comments
twitter